おっぱいフェチで抜きたい!おっぱいフェチのエロ動画ベスト245

おっぱいフェチという名の素晴らしきフェチ

この世の中には様々なフェチが存在します。そもそもフェチとは「フェティシズム」のコトで、これはある特定のモノに対して並々ならぬ執着心を持ち愛好するコト、または性的な興奮を誘発しちゃうモノ。を差すわけですね。それでは、一体どんなフェチが存在するのでしょうか。王道なモノだとまず、尻フェチ、脚フェチ、脇フェチ、などでマニアックなモノになると実に様々、壁フェチ、毛布の端っこフェチ、線路フェチ、など生命無きモノに性的興奮を得てしまうツワモノもいるんですね。そんな数多く存在するフェチの頂点に君臨するのがこの「おっぱいフェチ」なのではないでしょうか?王道中の王道。何故ならば世の男性の99%の男性はこの「おっぱいフェチ」の要素を持っているらしいのです。理由は簡単で、産まれて間もなくして母親のおっぱいをゴクゴク飲んで育った偉大すぎる存在、それがおっぱいなのです。やがて思春期になり、同年代の女性のおっぱいが気になりだすのも本能的なコトなんです。そしていろんな情報を得て(山で拾ったエロ本やこっそり覗いたxvideosなどで)、性的な視点でおっぱいを見るようになり、気がついた頃にはもうおっぱい大好き人間に。という流れはごくごく自然なワケです。おっぱいに興味を持った時期にどれだけの情報を得るかによってその人のおっぱいフェチ度が決まるのではないか?なんて思っちゃったりして。無限に広がるおっぱいワールドに全身を埋めてしまいましょう。

おっぱいの魅力

おっぱいの魅力、それはもう人それぞれ、だから素晴らしいんです。中には大きさを見る人もいるでしょう。大きければ大きい程興奮する、はたまた小さければ小さいほど興奮する。いやいや乳首の大きさも大事だぞ。ちょっと待てモノの大小では無く色でしょ、綺麗なピンク色の乳首に興奮するに決まってる。甘い甘い、何故みんな乳輪を見ないのだ?薄ピンク色で範囲の狭い乳輪こそ最高の勃起要素だろ。待て待て、黒ければ黒い程興奮する私が通りますよっ。なんだかんだで色白の乳房からほんのり浮き出る血管が至高じゃね。みんなピンポイントすぎる、結局はあのナニモノにも代えがたいあの柔らかい触感でしょっ。と言った具合にいつまでも談義出来てしまう程の魅力が無限に詰まった産物、それが「おっぱい」なんです。全てのおっぱいにはそれぞれの需要がある。コンプレックスを抱く必要なんてない。ただそれが、おっぱいであるコト自体が既に特別なのだから。おっぱいフェチの方々も独自の好みはあれど皆同じ気持ちのハズです。 「そこにおっぱいがあるから。」 存在が偉大すぎるが故に、言うことはそれで充分なのです。

全245記事