その他フェチで抜きたい!その他フェチのエロ動画ベスト337

動画一覧 全337記事

■フェチ

フェチという言葉って不明瞭ですよね。日常生活でもフェチという言葉を耳にすることも多いですが、ここでは「性的嗜好におけるフェチズム」について言及していきたいと思います。 一般的に性的嗜好な意味でのフェチとは「モノや人の一部に性的興奮を覚える」ことのようです。また、それらは直接性器に関わるものではないらしいです。例えば、足フェチなんてメジャーなものがありますが、あれもフェチに該当します。もっと言えば乳首フェチもそうだという人もいます。まあその辺はまだ理解されるレベルですが、嗜好が斜め上にいってる人もちらほら。それが犯罪に結びついてしまう程になると厄介なことに。とある有名人の下着ドロボー事件が記憶に新しいです。女性が運転したであろう自転車のサドルを盗むといった人もいましたね。異常です。 性的嗜好によるフェチズムは多岐にわたるので、個人の完全な趣味の範疇なら許されるかと思いますが、渡を超えると周りに迷惑をかけたり、捕まったりと大変な事になりかねないので注意が必要です。そういえば扇風機に興奮するといった人もいたみたいですが、家電量販店には行かない方が良さそうですね。

■フェチ向け風俗

風俗の形態も様々です。一般的なピンサロ・ヘルス・ソープ以外にも、イメクラ、ぽっちゃり、SMなど完全にその人の趣味に合った変わったタイプのもの。そういった風俗は基本的に高価な傾向があり、比較的金銭に余裕のある層が活用しているみたいです。会社役員が赤ちゃんプレイを好んでセックスするといった話はよくある事です。

■フェチ・マニア向け書籍やAV

フェチズムの歴史に関しては様々な説がありますが、1900年代初めに心理学者のフロイトが論文で足フェチについて発表していたようです。それも「脚フェティシズムの症例」。なんか凄いタイトル。欧米のハイヒール・ピンヒールに対するフェチが書かれた「Bizarre」というフェチ向けマガジンも存在したそう。完全に男性目線の書籍ですね。ハイヒールに踏まれるという性的嗜好はこの頃からあったみたいで。日本では谷崎潤一郎が足フェチについて描いた小説「瘋癲老人日記」が先駆者的書籍らしいです。 xvideosでもフェチ向け動画は豊富にあります。むしろ、最近のエロ動画は普通なセックスでは抜けなくなっている層が多いので、それこそ変わったセックスが求められてフェチ作品になる事が多いのではないでしょうか。中には性行為さえしていない映像も確認できます。どのフェチ動画で抜けるか挑戦してみるのもアリかもしれませんね。