キスで抜きたい!キスのエロ動画ベスト223

エロ動画とキスというカテゴリー

キスの語源自体は「kiss」という英語となります。正にそのキスという言葉ですが、日本では接吻と呼ばれているものとなります。他にもその擬音から派生した形でチュウなどと呼ばれています。愛情を相手に伝える手段として行われることが多く、相手の唇にするのが一般的ですが額や手などにも行なったりもします。SEXする際やエロ動画内でのキスは俗にディープ・キスと呼ばれていて唇と唇を触れ合わせるのではなく、お互いの舌を口の中で絡ませ合ってとても情熱的で濃厚なキスをします。国内最大のエロ動画まとめサイト「XVIDEOS」でもキスだけの映像を扱うカテゴリーが存在しています。女性はSEXよりキスという行為を重要視する傾向があって、男性はSEXにおいて肉体的快楽を求めがちですが、女性は触れ合いや見つめ合うことで生まれる安心感を得たいという気持ちがあり、このような男女の違いが女性のキスに対する価値観を生んでいると考えられます。キスだけに焦点を当てたフェチ向けエロ動画作品では終始キスを行いつつSEXを行う内容で人気があります。またレズビアンモノのエロ動画ではキスがピックアップされていて女性同士の絡みあう舌にエロスを感じる男性も多いようです。

西洋と東洋でのキスの違いとその歴史

キス、その行為はかなり古くから存在していてエジプトにある博物館では紀元前の石像が保存されており当時の王様が自分の娘にキスするものが展示されています。日本では明治時代より後に西洋から伝わりその際にキスのことを日本語に訳した歳、接吻という言葉が生まれたとされています。この当時の日本では西洋とは違い大勢の人の前でキスをすると罪になってしまうような時代でした。ただし日本でも古くからSEXの際には行われている行為であることがわかっています。その行為を「口吸い(室町時代)」という呼び方で呼んでいたことが古い資料から紹介されています。他の時代でも「口吸う」こちらは平安時代に、「呂」こちらは江戸時代の後半に、など確認されているだけでも色々な言葉で呼ばれていたようです。西洋文化が徐々に取り入れられるようになって接吻ではなくキスという言葉が一般化された日本ですが、最近の若者は外国人同様、平然と人前で気軽にキスする姿をよく見かけるようになりました。

世界のキスの種類

西洋ではキスをソフトとフレンチに種類を分けて使っています。フレンチの方を唇だけが触れ合う程度の軽いキスと勘違いしている人が日本では多くみられます。しかし実際のフレンチキスはお互いの舌を口の中に入れ絡め合うとても情熱的で濃厚なものです。一般的には「ディープキス」と言われるこのキスを海外ではフレンチキスと呼びます。なぜそのような呼び方になったかというと、その昔イギリス人がフランス人を揶揄して「フランス人みたいなキス」という意味で名付けたと言れています。そのような形で揶揄されたフランスでは、挨拶代わりに行う簡単なキスのことはライト・キスと呼んでいて、ディープキスとは分けて呼ばれています。ロシアやフィンランドなど北方の地域では男女に関わらずほっぺたにキスをする習慣がある土地や、ラテン系の人種になると男女のキスは音を大きく立てほど愛情深いとされている国もあります。このように人種や地域により使い方や考え方に相違があり、歴史も様々に行われてきたことがわかります。

全223記事