バニーガールで抜きたい!バニーガールのエロ動画ベスト29

動画一覧 全29記事

■バニーガールの起源は?

バニーガールの起源は、米国の成人向け雑誌「プレイボーイ」と連動したナイトクラブ「プレイボーイクラブ」で働くウェイトレスの制服によります。プレイボーイクラブはウサギはマスコットであり、それをモチーフにプレイボーイバニーがデザインされました。そのプレイボーイバニーになる為には、厳しいオーディションを受ける必要があり、身だしなみや酒の知識など、振る舞いの指導を受けます。日本人が想像するような、ヤリマンビッチバニーなイメージでは無く、厳しい指導の元に接客の腕を磨いているプロフェッショナルなのであります。プレイボーイクラブはかつては日本にも店舗が存在しており、東京や大阪、名古屋や札幌にもありましたが、1991年に全ての店舗が閉店に。現存する店舗はロンドンやカンクンに有るとのこと。尚、雑誌プレイボーイの創刊者ヒュー・ヘフナーは物凄い大富豪です。今はロサンゼルスにある大豪邸「PLAYBOYマンション」に住んでいます。これぞアメリカン・ドリーム。

■可愛いバニーガールのコスチュームについて

バニーガールのコスチュームについて。英語圏での呼び方はバニースーツ、日本での呼び方はバニーコートと呼ぶことが多いみたい。そんなバニースーツは初期は耳が長めで、蝶タイとかカフスは有りませんでした。本国日本でのイメージだと、ハイレグタイプの網タイツ或いは燕尾のコスチュームを想像する人が多いと思います。どちらも可愛いですよね。そしてやはり色は黒。日本では黒以外のイメージがありません。そんなバニースーツは、どうやら蝶タイに限り、何色のバニースーツであろうと黒に固定となっているもよう。確かにどこぞの写真で見た赤いバニーちゃんは蝶タイだけは黒だった気がします。初期はなんと十色で、年代によっては水玉ですとかヒョウ柄、サイケデリックなど様々な柄が生まれました。やはりバニーといえば黒色のイメージですが、実は職歴の長いバニーだけが着用できる色らしいです。

■バニーガール物AVの素晴らしさ

AVにおけるバニーガールは性の対象である他ありません。そのハイレグ&網タイツ越しに生える長い足、セクシーなヒップ、ムッチリボディ。見た瞬間に抱きたくなりますね。このコスチュームの良いところは、どんなジャンルの女の子でもそれなりの見た目になることです。清楚やギャル、お姉さんなど幅広いラインナップが可能。極端な体型でなければ大抵は美味しそうに見えます。童顔の若い子でも存分に大人の色気が出ます。他の定番ナースや女子校生やメイドよりも、一歩エロに近づくにはこのコスプレが1番おすすめです。そんなバニースーツ着衣のコスプレAVはまさに最強でしょう!