未亡人で抜きたい!未亡人のエロ動画

動画一覧 全2記事

未亡人の魅力について

“未亡人”という言葉の意味をみなさんは知っていますでしょうか?未亡人とは、結婚していた夫が先に死に、再婚していない女性のことを意味している言葉です。この言葉の語源となっているのは中国で、かなり昔、夫だけが死に、妻だけが生き残ってしまっている事を恥じる意味で使われていたらしいです。しかし、現代ではこの意味で使われることがありません。 日本ではなんとなくエロティックな意味で使わる未亡人。確かに未亡人ってだけで、何故か色っぽく聞こえますよね。実際、未亡人をシチュエーションにしたAVもめちゃくちゃ多くリリースされています。社長夫人だった奥さまが、借金取りの男たちに犯されたり、義理の父親や息子たちに肉便器にされてしまったり。未亡人系のAV作品は、かつて夫が作ってしまった借金絡みで、犯されてしまうというパターンが多いようです。 ということで、未亡人のエロさについて紹介したいと思います。

何をしていても色気を感じる

未亡人というのは「夫を亡くしている」というバックボーンが非常に色濃く現れている存在です。そして、亡くしてもなお、再婚せずに生きているといるという存在。中には子どももいる未亡人もいるでしょう。そんな存在である未亡人をハメる背徳感は不倫や浮気と同等の刺激を男たちに与えることでしょう。 また、未亡人を語る上で欠かせないコスチュームがあります。それは喪服です。喪服といえば、ある意味、清楚系の衣装としての究極的な存在といえます。この喪服を乱しながらするセックスは、男女共に興奮すること間違い無しでしょう。また、喪服というものには、決してロリ系の女の子には似合わない衣装です。露出が少ないにも関わらず、異常な程の色気を醸し出します。これは、様々な経験をしてきた女性にしか醸し出せないものでしょう。 また、孤独に狼狽える姿や、普段は明るく振る舞っているのにも関わらず、裏で1人泣いている姿を想像すると、なんだかゾクゾクしちゃいますよね。未亡人とはセックスの相手だけでなく、オナニーのオカズとしても大活躍してくれちゃいます。

バッドエンドにもハッピーエンドにもなる

未亡人というのは上記の通り、シチュエーションが色濃く残る存在です。なので、セックスに相手もシチュエーションでプレイが変わってきます。もうこの世にはいない、愛する夫のことを思ってセックスを拒否するも、無理矢理犯されてしまったり。逆に、愛していた夫のことを忘れるために、他の男と濃厚なセックスを繰り広げたりすることもあります。 みなさんも未亡人の魅力に触れてみてくださいね。