企画で抜きたい!企画のエロ動画ベスト78

そもそもAVにおける企画って何?と思う方もいるかもしれませんので、根本的な部分を記載したいと思います。

AV女優は「単体女優」、「企画女優」、「企画単体女優」と、大まかに3つに分類する事ができます。

「単体女優」とは、上原亜衣さんや吉沢明歩さんのように誰もが知っている程のトップ女優で、AV界でもほんの僅かの人々にしかその栄光は掴めないスターたちです。つまり、女優単体でそのAVが成立し、しっかり売れるという事となり、大手メーカーと専属契約を結んでいる場合が殆どです。

次に「企画女優」ですが、AV女優のルックスだとかよりも、撮影する企画自体を売りにして作成されるものであり、多くのAV女優はこの企画モノから始まるのが殆どと言われてします。ここからトップ女優である「単体女優」に上り詰める女優もいれば、逆に上り詰めたのに人気が無くなり「企画落ち」と呼ばれる企画女優に落ちてしまうというパターンもあるようです。また、アルバイト感覚で素人として出演している女優も多く存在するようですが、そこにもなんとも言えないエロさを感じる事が出来ます。

最後の「企画単体女優」は「キカタン」と呼ばれる程に定着しており、企画女優にも関わらず、単体女優に匹敵する程の人気を誇る女優の事を言います。事情があり、専属契約が出来なかったり、専属よりも頑張り次第では稼げるという事でそちらの道を選んでいる女優も存在するようです。

AVの企画モノにはどんなものあるの?

素人をナンパする企画、童貞くんの筆おろし、巨乳だけを集めたハーレム企画や、ギャルだけを集めた企画、映画やドラマ等のパロディ、レイプもの、乱交もの、18歳になったばかりの美少女をAVデビューさせる企画、疑似デートを楽しめるようなハメ撮り企画、というような割とスタンダードと言えるような企画モノは当然ですが、高齢者男優、高齢者女優、貧乳、シーメールにニューハーフ、スカトロというマニアックなものまであります。

このように上げていったら枚挙にいとまがない程に様々なタイプがあります。これは、多種多様にあるフェティシズムを満たす為に考えられて企画されいるからだと考えられます。

これからの企画モノはxvideosでも多く見る事が出来るのではないでしょうか。そしてそこから始まった素人女優さんが、キカタン、そしてトップスターとも言える単体女優へと変貌していくという事もあり、そんな成長を楽しむのもAVファンの嗜みと言えるかもしれません。

AV創世記の企画作品

AVの創世記、今から20年くらい前に企画モノをメインに作り上げていたAV会社がありました。 それが、V&Rプランニング。かつては、人気監督の安達かおる、インジャン古河、バクシーシ山下とか、カンパニー松尾などの人気監督を続々と輩出し、まさに企画AVナンバー1として君臨した時代が長かったです。xvideo等で再生して楽しまれた方も多いのではないかと思います。

企画モノを極めると、どうしてもリアル指向が強くなってしまいます。 V&Rプランニングは、リアル指向を極めたレイプ企画作品「女犯」で、社会問題を引き起こし、その後ビデ倫(日本ビデオ倫理協会)を脱退して衰退してしまいました。 ユーザー側からしてみれば、企画モノはあくまでも企画とわかっていながらも、それでもAVに引き込まれるそんな作品が優れた企画モノAVじゃないのか?と思います。

企画モノトップに君臨するソフトオンデマンド

現在の企画モノの一番手のAV制作会社と言えば、ソフトオンデマンドと言って、異論がある人も少ないでしょう。 定番のマジックミラー号シリーズは、もう20年以上も続く定番作品。

外から見えないマジックミラー貼りの車の中に、巧みなナンパで素人女性を誘い込み、その中で交渉しながらHな行為をしてしまうって流れの作品ですね。 この作品で上手いのは、ただのナンパだけでなく、車内で女の子に金額交渉をしながらすこしづつHな行為に導いていくこと。なんか、お金が絡んでくるとリアル感がアップするんですよね。

当然、企画女優がメインの出演となるんでしょうが、ひょっとしたらその中に混じって実際、本当の素人女性がいるんじゃないか?って思ってしまいます。 企画女優のレベルも、年々高くなってるので、普通のAV女優と比べても引けはとりませんしね。

前述の、V&Rプランニングを吸収し、完全に企画モノのトップに立ったソフトオンデマンドですがやはり、競争相手がいなければマンネリになってしまいます。 今の願いは、SODを脅かす存在の企画AV会社が出現してくれることですね。 勢いのあった、代々木監督のアテナ映像も、まだ企画モノで頑張ってるようですが、やはり以前の勢いはありません。 リアルで楽しい企画モノを提供してくれるAV制作会社が登場し、ソフトオンデマンドに挑戦状を叩き付けてくれることを期待します。

全78記事