レズ - エロ動画一覧

AVとは思えない綺麗な作品が多いのがレズものの特徴

レズ系のAVの特徴は男性が絡むAV作品と比較して、全体的に綺麗に纏まっている作品が多いです。 これは、昔の「百合族」系からの流れで、男性は汚いもの女性同士の絡みは、華があって綺麗なものと捉えるレズファンが多いからでしょう。

本当、あくまでも個人的な感想になるんですがレズ物のAVって、最初の興奮の導入部まではいいんですが結局、フィニッシュが何か物足りない感じがあると思う人もいるかもしれません。

本当のレズファンならば気にならないと思いますが、フェラさせたり挿入したりするシーンが欲しいって最後に思っちゃうあなたはまだまだレズの扉が開いていないのかも。

素人レズが人気

綺麗な女優同士が絡むレズ物のビデオもいいですが人気があるのが、素人レズ物。

これは、レズの経験がない女の子を募集かナンパでAVに出演させ、真性レズのAV女優からレズの指南を受けるっていった作品です。

最初はぎこちなくて、キスも唇を合わせるだけだった素人女性が最終的には、自ら舌を絡ませ唾液交換までしてしまう、なんてところは本当抜ける!の一言です。

走りは、SODの「初めてのディープキス」からでしょうね。 この作品は、素人の友達同士の女性の設定の女の子が、ただキスをするといった作品だったのですがだんだんと内容もエスカレートしてきて、レズ体験までいっちゃうようになりました。

レズ作品はビジュアル重視だから、とにかく可愛い子が多くてそんな女の子のディープキスシーンだけでも抜けますから、内容はそのままのほうがリアルでよかったのになーって思います。

レズのセックスに終わりはない

最初に、フィニッシュがものたりないと言いましたがその原因がこれですね。

男性絡みの場合は、フィニッシュは中出しとか顔射で!ってのが多いですがレズの絡みになると、明確なフィニッシュがわかりません。

通常は、2人用の双頭バイブを使用したり、お互いの女性器をこすりつけ会う所謂、貝あわせというテクニックで、どちらも絶頂に達したらフィニッシュとなるんですがどうしても、ビジュアル的に明確なフィニッシュってわけじゃないからちょっと、抜きどころに迷ってしまうんですよね。

レズAVはフィニッシュではなく過程を楽しむもの

そう考えると、男性と絡むAVとは違いレズのAVは、フィニッシュに重きをおかず、途中の前戯のシーンが抜くポイントと言えるかもしれません。 女性、男性の絡みよりも、女同士の絡みはねちっこくていやらしい。

舐め方一つにしてもネットリって感じですからね。 レズもののAVの場合はフィニッシュシーンに拘らず、抜ける場面で抜く!これが基本なのかもしれません。

全581記事