緊縛・拘束 - エロ動画一覧

エロ動画における緊縛・拘束の魅力

異性とエッチなコトをして、ちょっと相手の両手を縛ってみようかな?なんていう軽い気持ちで始めた拘束プレイが物凄く興奮してしまった。なんていう経験を持つ方もいるのではないでしょうか。それが段々とエスカレートしていき、挙句には相手の全身を縛る緊縛プレイにまで発展してしまい、もはやエッチが芸術の領域にまで達してしまった。。。なんていう方は稀かもしれませんが、この緊縛や拘束はXVIDEOSなどのエロ動画サイトでも多く見られ、その圧倒的な支持率が容易に伺えます。して、この緊縛・拘束プレイの何がそんなにイイのか、その理由は無論「支配感」にあるのでしょう。まずは拘束、これは「相手を縛る」という行為によって相手の自由を奪う、そしてそんな自由を奪われた相手にエロいコトをして責めまくり、性的な興奮、快感を得る。というSっ気たっぷりな人には持ってこいなプレイスタイルですよね。そして縛られる側にMっ気があればそれはそれはもう今までにない位に感じちゃうコト間違いナシでしょう。これが緊縛になると今度は芸術的な要素も入ってきます。先ほどの拘束に関しては手錠やガムテープなどが使われるコトが多いのですが、この緊縛に使われるのはもっぱら麻縄が使用されるようです。7~8mの麻縄を使って相手を芸術的に縛るアレです。有名なヤツとしては「亀甲縛り」「あぐら縛り」「吊り」などがありますが、この緊縛スタイル、。その魅力にハマってしまうとなかなか抜け出せなくなるのも納得な位に奥がとても深いようです。

緊縛師という職人

世の中には緊縛師と呼ばれる職人さんが存在するコトをご存知でしょうか。今となっては主に女性を様々な手法で縛り、そして責める、という流れを芸術的に魅せる緊縛師、実は非常に歴史が長く、その歴史は江戸時代にまでさかのぼるんです。当時は「縄師」という呼ばれ方もあったそうで、罪人を縄でキツく縛ったり、捕縛術と呼ばれる武術を使いこなしたりする、戦闘技術だったんですね。ですが、浮世絵などで縛り絵などを書いたりと、当時からエロスの要素も兼ね備えており、時代が経つにつれて性的な方面が表向きに変わった。と言ったところでしょうか。近年での緊縛師さんはSMショウやAV業界などで活躍されている方が多く、その需要は緊縛師という名の職業が成立するまでになったのです。そしてこのい緊縛師という職人は今や海外にも存在するという事実もこれまた驚きです。それぞれの緊縛師オリジナルの縛りもあるため、正確な数は不明だが、何百何千もの緊縛の種類があるこの世界、本当に奥が深いのですね。

全724記事