稼ぐためのマル秘テクニック教えます

どんな種類の広告が儲かるの?

どうせ広告を貼るならやっぱり儲かる案件が良いに決まっていますよね。ではどんな広告が儲かるのでしょう。 それはサイトのコンテンツ次第です。例えば、ゲームに関する内容のサイトにペットの広告を貼るより、ゲームに関連する広告を貼ったほうが収益性が高そうですよね?当たり前ですがコンテンツによって儲かる案件は違います。 XVIDEOSをまとめたエロ動画サイトの場合には、まずはアダルト動画の広告から探すのがベストです。一般的なAVを扱っているサイトなら、一般的なアダルト動画コンテンツの広告になりますし、マニアックなフェチ動画を扱っているサイトなら、それに準じた動画の広告を探す方が良いでしょう。 そしてその次に、エロ漫画等のアダルト書籍案件、それからオナホやローションといったアダルトグッズ等のアダルト全般の広告に視野を広げていきましょう。この優先順位で貼る広告を考えていくのが、収益性において一番良い結果を出せるでしょう。 あまり大きな声では言えないのですが、いつの時代も儲かりやすい案件というのは法的にグレーゾーンの広告です。グレーゾーンの広告を掲載する事は、サイトのユーザビリティが下がったり、その広告案件が法的に裁かれた際にほう助になる可能性も出てきます。このような広告はサイトにとっても管理人にとっても多少なりともリスクが生じますので、あなたのサイトで掲載するかは自己判断で決めてください。誰かから儲かるからと聞いても安易に手を出さず、しっかり調査をしましょう。

手っ取り早く稼げる方法はないの?

「稼ぎたいの?はい!じゃあこの案件!」…と偉そうに教えたいところですが、それは無理です。すみません。 というのも、いま儲かる広告はあっと言う間に変わってしまうので、ここでその案件を載せたところで、すぐに情報が古くなってしまうからです。儲かる話は教えたくないということでは決してありません(笑) 実際のところは、人気サイトの動向を日々チェックしたり、付き合いのある広告代理店から新鮮な情報を聞き出したり、管理人たちの飲み会に参加していま儲かっている広告を互いに情報を交換したり…そういったことでしか儲かる話は得られません。つまり努力しないと成功への道はない、自分から動かないと稼げないというのが本音です。 ただ、稼ぐための近道は可能です。現在、Google検索エンジンの利用者の7割がスマートフォンユーザーだといわれています。つまり、検索エンジンからのアクセスの7割はスマホなのです。しかも広く知られていますが、PCに比べてスマホのほうが圧倒的に広告効果が高いというのが現実です。 勘の良い人ならお気づきかもしれませんが、スマートフォンページの広告最適化が手っ取り早く稼ぐ為の最短の近道といえるでしょう。いかに綺麗にサイトに馴染ませて広告を見せるか?まずはそこを真剣に取り組んでみましょう。ここは本当に一切手を抜いてはいけません。

1PVいくらになってますか?

これからエロ動画サイトを始める方から「1日に何PVあれば月間いくら稼げるんでしょうか?」といった質問を受けることがあります。 アクセス数に対する売上げは、貼る広告案件や、どの程度掲載枠を増やすかによって変わるので、すぐにお応えできないのが正直なところです。また他にもユニーク数がどれくらいあるか、スマートフォンユーザーが全体の何割なのか、いろいろな指標を見て判断しなければいけないので、このような質問に回答するのは難しいですよね。 ただ「1PV最低限でいくらになるか?」という話でしたらお答えできます。例えば1日に100万PVあるサイトでなら最低でも月間100万円は稼げると思います。つまり、1日に1PVのサイトなら月間1円の売上げが最低期待できるという計算になります。 あなたのサイトが本気モードで広告掲載しているにも関わらず、これに満たない状態なら、まだまだ詰めが甘いといえるでしょう。もう一度広告を見直すことをお勧めします。
さらにアクセスと収入を上げるマル秘テクニック

今回の基本的な講座では書きれませんでしたが、もっと上級者向けのノウハウを知りたい方もいると思います。

  • 削除された動画は放置したままでいいの?
  • 独自コンテンツを作る為のコツとアイデアは?
  • サイトを高速化するテクニックは?
  • テーマをカスタマイズすればPVを2倍上げられるよ
  • アクセスアップと広告掲載との必勝バランスはある
  • 手間を掛けるところと力の抜きどころを見極めて効率化しよう
  • サイトの潮時を見逃さずに新規サイトを構築した方がいい

私はアダルトサイトの管理人を10年以上やっていますので、大体のことはお答えできると思います。実は私も無駄な回り道をしてチャンスを逃してしまった事が何度もあります…。もしサイトで困っている事がありましたらお気軽にお問い合わせください。私の経験が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文