独自ドメインの決め方とFUTOKAでのドメイン取得方法

ドメインとは?

ドメインというのは、当サイトでいうと下記の赤字の部分です。
http://eronuku.com
.comを「第1レベルドメイン」と呼び、eronukuを「第2レベルドメイン」と呼びます。 ドメインは家でいうところの「住所」になります。その住所(ドメイン)をブラウザに入力すれば、サイト名が書かれたコンテンツが表示されるわけです。このサイト名は家で例えるなら「表札」になります。これは人間から見た時の例えで、コンピュータから見るとこの例えの内容が変わります。
人間から見た住所→ドメイン 人間から見た表札→サイト名 コンピューターから見た住所→DNS(IPアドレス) コンピューターから見た表札→ドメイン
この例のように、ドメインというのはインターネット上における住所です。 これがもしFC2ブログの無料プランでサイトを作った場合は次のようになります。
http://●●●●.blog.fc2.com
これも見てお分かりになると思いますが、もしFC2ブログから他のレンタルブログやレンタルサーバーに移転する場合には、ドメイン(サイトの住所)が変わってしまうことになります。ということは、ユーザーやGoogleなどの検索エンジンから「まったく別のサイト」と受け取られる恐れがあるわけです。そのように受け取られないようにする対策もあるのですが、初心者には少し高度な話になるのでここでは割愛します。 また、もし仮にFC2がある日突然ブログサービスをやめてしまったら…。もしFC2で運営しているサイトが凍結したら…。もうお分かりですね。ドメインはサイトの存在価値を示す非常に大事なものなのです。

ドメインを決めよう

これが独自ドメインだった場合は、ドメインはあなたの所有物となり財産となります。また、SEOと呼ばれる検索エンジンで上位に表示される対策においても、独自ドメインは重要です。 レンタルブログのドメインの方がサイト公開後すぐににアクセスが集まりやすいという意見もあるようですが、独自ドメインは育っていくと無料のドメインより強くなる傾向があります。長期に渡ってサイトを運営していくつもりであれば、無料ドメインから始めて後から独自ドメインにするよりも、最初から独自ドメインを取って運営した方が絶対にメリットがあります。 また、独自ドメインには年間1,000円~という使用料がかかりますが、上述したようなメリットを考えればケチるような額ではありません。それに、「●●●●.blog.fc2.com」というドメインより「eronuku.com」の方が短くて簡潔ですし、なんだか愛着も増すような気がしませんか?自分のサイトに愛着を持つというのも重要なことだと思います。

どんなドメインにしたらいいの?

ドメインの種類には「.com」「.net」「.jp」など一般的にも有名なものから、ご当地性のある「.tokyo」「.nagoya」や、動画サイトに最適な「.tv」「.media」といったもの、はたまたアダルト向けの「.XXX」というものもあったりします。どれを選んでもらっても構いません。どのタイプのドメインがSEOに有利というのも今はありません。 ただ、ひとまずここでは無難な「.com」「.net」の利用をお勧めします。もしどうしても『この名前じゃなくちゃいやだ!』という名前があれば、「.com」「.net」以外でもいいでしょう。 何よりもドメイン名を決めるうえで頭に入れておいてもらいたいのは、良いドメインの決め方があるということです。
■良いドメインの条件 ・短くて覚えやすいこと ・サイトのコンセプトを反映していること
ドメイン対策がSEO(Googleなどの検索エンジン最適化)で有効かといった議論には諸説あるようですが、ドメインが検索エンジンに表示された時のクリック率の違いは絶対にあると思います。短くてエロ動画サイトらしいドメインの方がクリックされやすいのは想像できますよね?ですので、まず最初にこの決め方を頭に入れてドメインを考えてみてください。 ただし、ドメインというのは世界に同じものは2つ存在せず、取得は早いもの勝ちです。一度取得した人が手放した場合は他の人が再度取得できますが、例えばeronuku.comというドメインは私が所有しているので、取得しようとしてもできません。なので、すでに誰かに使われている可能性も考えていくつか候補を用意しておきましょう。 また日本語ドメインというのもあります。「http://えろぬく.com」 みたいな感じです。この日本語ドメインでも結構ですが、後々面倒くさくなる可能性があるので避けておいた方が無難かと思います。 あと、ドメインの文字数は半角63文字まで使用できますが、無駄に長いドメインは避けておいた方が無難でしょう。また使う記号は「-(ハイフン)」か「_(アンダーバー)」程度に留めておいた方が検索エンジンに好まれるようです。 独自ドメインの候補は用意できたら、それが使えるドメインか調べます。海外のサイトですが、「.com .net .org .biz .info .mobi」でのドメイン使用履歴がチェックできます。 履歴が無い場合 履歴がない場合はこのように表示されます。ということはこれまで使用履歴がなかったということになります。 履歴があった場合 もしここでドメインの使用履歴があったら、誰かが以前に使っていて手放したドメインです。このようなドメインは「オールドドメイン」と呼ばれ、一般的には避けておいた方が無難です。なぜなら、そのドメインを使っていたサイトが詐欺やスパム行為ををしていた場合、検索エンジンのブラックリストに入っいる可能性が高く、そのドメインに対する評価が非常に低いはずだからです。 これを知らずにブラックリストに入っているオールドドメインを取得してしまい、頑張って作ったサイトがいつまで経っても検索エンジンからの集客がない…。という笑えないオチになる可能性もあります。 ただ、このオールドドメインをうまく活用して、サイト公開時にスタートダッシュを図る裏ワザもあるのですが、難易度が高く、またドメイン取得に高額な料金が掛かる場合がありますので、初心者は避けた方がよいでしょう。 この他にも過去にそのドメインがどんなサイトだったか調べることができます。「Internet Archive」というサイトでは、ウェブ上にあるサイトをアーカイブ化しており、今は存在しない過去のサイトでも閲覧できるようになっています。
■Internet Archive http://archive.org/web/
ここで、ドメインを入力すると、そのドメインで実際に公開されていたサイトを閲覧することができます。「.com .net .org .biz .info .mobi」以外のサイトの場合はこちらで使用履歴も兼ねてチェックができると思います。 過去の使用履歴 このような画面でだったら、過去に使われていたドメインの過去のアーカイブが閲覧できます。過去の履歴があれば使用するのは避けましょう。 それでは使いたいドメインに過去の使用履歴が無かったら、いよいよ独自ドメインを取得してみましょう。

実際に独自ドメインを取得してみよう!

それでは実際に独自ドメインを取得する方法をご説明します。ドメインを管理している会社はいろいろありますが、今回はFUTOKA内で全て完結させるのが目的なので、FUTOKAでドメインを取得しましょう。 もうFUTOKAのログイン情報は取得していますのでログインします。
■コントロールパネルログイン https://www.futoka.jp/?mode=login
ログインすると、「FUTOKAコントロールパネル」という画面になります。ここでサーバー等に関する色々な設定や情報確認ができます。また、サイトのTOPページから「よくあるご質問(FAQ)」や、詳細な手順が記載された「オンラインマニュアル」も参考にしましょう。
■よくあるご質問(FAQ)一覧 https://www.futoka.jp/?mode=faq ■オンラインマニュアル https://www.futoka.jp/manual/action_user_manual.php
それでは、よくあるご質問(FAQ)ページの中から「ドメイン購入のお申し込みについて」を見ていきます。
■ドメイン購入のお申し込みについて https://www.futoka.jp/?mode=faq&sel[1]=8″ target=”blank
画面左側の真ん中あたりに「ドメイン」というのがありますのでクリックして移動します。 ドメインをクリック 上部の「関連メニュー」の中に「ドメイン購入」がありますのでクリックして移動します。 ドメイン購入をクリック まずは作った候補が他の人に使われていないかチェックしてみましょう。「空きドメインを検索」のところにドメインを入力します。(.com等の第1レベルドメインは入力する必要はありません) 空きドメイン 画像を見ると分かりますが、「example-domain」は「example-domain.com」「example-domain.net」「example-domain.org」などはすでに使われていて取得できないようですね。「example-domain.tv」「example-domain.jp」などは取得できるようですが、高いのでやめておきましょう(笑)高ければいいドメインということは一切ありません。指標はあくまでも過去に使用履歴があったかどうか?だけです。 自分で作ったドメインが取得できるかどうかが分かったら、 画面に従って手続きを続けましょう。 契約年数と支払い方法 契約年数と支払い方法を選択し、「次へ」を押します。最初は1年でも問題ないかと思います。有効期限が近づくとメールでお知らせもしてくれますが、期限切れには注意してください。そして最後に指定した支払いの登録をして完了です。 これであなたが作成した、世界で1つのドメインが取得できました。今後、いくつもサイトを作ってドメインもいくつも取得するかもしれませんが、ここで取得したドメインはあなたの大切な財産になるので大事に使っていきましょう。 知り合いのXVIDEOS動画まとめサイトの管理人から「突然サイトが表示されなくなりました!」と泣きそうな声で電話が掛かってきて、私がよくよく調べてみたら、ドメインの有効期限が切れ使えなくなっていたという笑えない凡ミスは、実はよくある話です。有効期限にはくれぐれも注意してください。

取得した独自ドメインをサーバーに設定しよう

さて、取得しただけで安心してはいけません。ドメインを使用する権利を獲得しただけですから、サーバーに「このドメインの場所はここですよ」という登録をしなくてはなりません。 コントロールパネルからサーバーパネルへログインします。 サーバーパネルへログイン 画面に従い設定します。 ドメイン設定 これでサーバーへの独自ドメインの設定は完了です。これで、あなたのサイトに必要な場所と住所・名前ができました。 それではいよいよ次回はWordpressをインストールしてみましょう。
さらにアクセスと収入を上げるマル秘テクニック

今回の基本的な講座では書きれませんでしたが、もっと上級者向けのノウハウを知りたい方もいると思います。

  • 削除された動画は放置したままでいいの?
  • 独自コンテンツを作る為のコツとアイデアは?
  • サイトを高速化するテクニックは?
  • テーマをカスタマイズすればPVを2倍上げられるよ
  • アクセスアップと広告掲載との必勝バランスはある
  • 手間を掛けるところと力の抜きどころを見極めて効率化しよう
  • サイトの潮時を見逃さずに新規サイトを構築した方がいい

私はアダルトサイトの管理人を10年以上やっていますので、大体のことはお答えできると思います。実は私も無駄な回り道をしてチャンスを逃してしまった事が何度もあります…。もしサイトで困っている事がありましたらお気軽にお問い合わせください。私の経験が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文